女性の活躍推進のために

突然ですが、皆さんは、今の自分の状態がマイノリティなのか、マジョリティなのか・・・と考えたことはありますか?

他人と比べても仕方ないし、自分は自分。

もちろん、それでOK☆

状況はひとりひとり別です。価値観もそれぞれ違うし、他人と比較することに何の意味もない。

でも、「客観的なデータ」は、現状を把握するためには必要なこともあるはず。

…ということで、今回は行政的な視点からお伝えします☆

先般、初の女性知事が誕生した東京都では、今年の2月に

東京都女性活躍推進白書」を策定しました!

「東京の女性の活躍」に焦点を絞った自治体初の白書です。

これは、ふつうの○○白書、とは少々異なり、単なるデータ分析だけではありません。

あらゆる場で障壁を乗り越えて活躍している女性へのインタビュー等も掲載されています。

これをご覧になり、

「(困難を乗り越えた)成功事例だけを集めているのでは?」

とか、

「そんなことが本当に東京の課題なのか」

とか、

「自分の現状の方がもっと深刻なのに!」

とか、

共感したり納得したりするだけでなく、落ち込んだり、怒ったり、色々な感想をお持ちの方がいらっしゃると思います。

そんな色々な声を一緒に届けていきましょう!

行政が把握できないことを発信していく、ということが、世の中を動かす上で重要だと思います。

そのための活動の一つが「ちゃぶ台返し女子アクション」です。

今年の4月には、

「 女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」

が施行されました。

行政が女性の活躍に注目している今の風潮は、声を上げていくための好機ではないでしょうか。

たくさんの女性達と繋がり、想いを共有し、発信していきましょう☆

最後に、東京都では、女性がいきいきと活躍していくシンボルとなるロゴマーク

東京都女性活躍推進ロゴマーク」を作成しています。 ※

このマークは、女性が自らの希望や夢の実現に向けて、未来に羽ばたくイメージで、あらゆる場で女性の活躍が進み、すべての人が自分らしく輝けるように、「東京で輝く、自分らしく。」というキャッチコピーを冠しているそうです。

「自分らしく輝く」って素敵ですよね。

自分らしく輝く女性達であふれる世界を共に作っていきましょう☆

※このロゴマークの活用及び申請方法等については、東京都HPでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です